ファームウェアアップデートを実行したら起動しなくなりました。どうすれば復旧できますか

TFTP サーバを利用したファームウェアのアップデートを行うことで復旧できます。

  1. ファームウェアをダウンロードしておきTFTPサーバ側で指定した場所におきます。
    ファームウェアは機種毎に下記よりダウンロードしてください。
    モデル ファームウェア入手先 ファームウェア名 ※1
    OBSA6 こちら以下の適用したい
    ファームウェアバージョン
    uImage.initrd.obsa6
    OBSA7 こちら以下の適用したい
    ファームウェアバージョン
    uImage.initrd.obsa7
    OBSAX3 こちら以下の適用したい
    ファームウェアバージョン
    uImage.initrd.obsax3
  2. ETHER-0 と PC を添付のクロス・ケーブルで接続します。※ 2 , 3
    ETHER-0 の IP アドレスは 192.168.254.254/255.255.255.0 として動作しますので PC 側は、192.168.254.1/255.255.255.0 にしてください。
  3. 本体のディップ・スイッチ 2 を ON にします。
  4. 電源を入れます。
    自動的にファームウェアのダウンロード、アップデートが開始されます。( 所要時間は 5 分程度です。)
  5. ファームウェアのアップデート中、完了時は LED の状態が下記のようになります。
    モデル データロード中 データ書き込み中 アップデート完了
    OBSA6 赤点滅 緑点滅 消灯
    OBSA7 赤点滅 緑点滅 消灯
    OBSAX3 赤点灯 橙点灯 消灯

※ 1
ダウロードしたファームウェアのファイル名は変更しないでください。  OpenBlocksには  ファームウェアのファイル名が設定されています。
※ 2
TFTP サーバの用意がない場合には、 http://www.tftpd64.com/tftpd32_download.html から tftpd32 standard edition(installer)をダウンロードしてインストールしてください。インストールが完了したら、「Tftp Server」タブを選択し、「Current Directory」には、ファームウェアを置くフォルダ(例えばC:TFTP)を指定します。 ま たは、「Settings」ボタンを押し、「TFTP」タブを選択して、「Base Directory」で指定します。

※ 3

Windows10 PC で実施される場合、一時的にファイアーウォールを無効にしていただくか、 「コントロールパネル」の「Windowsファイアウォール」にて、「Windowsファイアウォールを介したアプリまたは機能を許可」で "設定変更" をクリックして から「別のアプリの許可」の部分で、TFTPサーバーの実行ファイル(exeファイル)を許可 指定する必要がありますので予めご注意ください。